奇麗な車のほうが印象が良い

買取り価格や下取り価格を決める際に、車の品質をチェックするために「査定」を行います。修復の有無や走行距離、エンジン、装備品などチェックポイントはたくさんありますが、「丁寧に使用されていたか」と言うことも意外に大事なポイントなのです。

奇麗な車のほうが印象が良いの詳細 奇麗な車のほうが印象が良いの詳細はコチラをクリック

車を売ろうかな?と思ったら

自動車の流通相場は毎日変動していると言っても過言ではありません。一般的には「ニューモデル」や「フルモデルチェンジ」「マイナーチェンジ」など、新しい車が発売されるたびに変わっています。メーカーや車種が違っていても、新しい車が市場に出てきたと言う事は考慮しなければいけません。

車を売ろうかな?と思ったらの詳細 車を売ろうかな?と思ったらの詳細はコチラをクリック

相場と著しく値段の違う車に要注意

近年は、自動車の板金修理技術も発達しており、たとえ修復暦があったとしても車の性能が損なわれることはありませんし、自動車の性能そのものが向上しており、多走行車であってもすぐに壊れるというものではありません。しかし、中古車は【ディスカウント商品】ではありません。

相場と著しく値段の違う車に要注意の詳細 相場と著しく値段の違う車に要注意の詳細はコチラをクリック

走行距離の少ない車=良質な車?

現在、走行メーターの改ざん(巻き戻し)が大きな問題になっています。ユーザーにとって走行距離数は商品の重要な購入判断要素です。中古車の品質表示における走行距離表示は、走行メーターのキロ数を必ず表示する事になっています。ただし、メーター数に疑いがある場合は、メーターのキロ数は表示せず「?」マークのみを表示し、「推定距離数」または「推定不明」のどちらかを付記する事になっています。

走行距離の少ない車=良質な車?の詳細 走行距離の少ない車=良質な車?の詳細はコチラをクリック

修復暦の基本的な考え方

ユーザーがイメージしている「事故車」と中古車販売業界の商慣習として定着している「事故車」の定義とに大きな食い違いがあります。
修復暦の基本的な考え方は、「車体部(主に内側)の骨格部分の損傷により、部位交換あるいは修正・補修したもの」です。表面(外側)の車体部で骨格を除いた部位の損傷により部位交換したものは修復暦とはなりません。

修復暦の基本的な考え方の詳細 修復暦の基本的な考え方の詳細はコチラをクリック
12
スポンサードリンク
カテゴリーインデックス
スポンサードリンク
ページトップへ
あなたのカーライフをステキにするためのいろいろなお役立ち情報を掲載しています。クルマを更に便利で安全に使うための知識や注意点をまとめました。