トランクに入りきらない荷物を積むのに、屋根に載せたキャリアが活躍する。ところが、荷物がなくてもキャリアは屋根に載せたまま、というドライバーも少ない。キャリアの重さはもちろん燃費に影響するが、キャリアの空気抵抗は燃費に影響しないのだろうか?


テスト車(A=何も載せない。B=バーのみ搭載。C=バー+ルーフボックス。
D=バー+自転車2台搭載)同車種のミニバン。車重はCと同じになるよう砂袋で調整)
・郊外の一般道路を走行(平均時速43.9km/h)
A=平均燃費17.8km/h、燃費悪化率100.0%
B=平均燃費17.8km/h、燃費悪化率101.1%
C=平均燃費17.6km/h、燃費悪化率101.1%
D=平均燃費16.8km/h、燃費悪化率105.8%
・高速道路を走行(平均速度87.9km/h)
A=平均燃費16.4km/h、燃費悪化率100.0%
B=平均燃費16.0km/h、燃費悪化率103.0%
C=平均燃費15.9km/h、燃費悪化率103.2%
D=平均燃費14.0km/h、燃費悪化率117.2%
高速道路で窓を開けていて風の勢いに驚いた経験があるように、車が走っているときの空気抵抗は大きい。例えば、時速100kmで走る車は1秒で約27.8m進む。逆に言うと、もし無風ならばその車は秒速27.8mという風を正面から受けることになる。これは樹木が倒れてしまうほどの強さ。
上記のテスト結果でも分かるように、空気抵抗による燃費の差は速度が上がるとかなり大きく現れている。これは空気抵抗が速度の二乗に比例するため。一般道ではそれほど差が開かなかった燃費の差が高速道路で開くのはこのためなのです。
また車の重さも燃費には大きく影響する。この実験は車重をルーフボックス搭載車に合わせている。使わない荷物がルーフボックスにずっと入れたままになっていないか確認してみよう。また荷物を載せることで重心が高くなり、カーブなどでふらつきやすいため、より慎重な運転が求められる。
ふだん荷物を載せていないときはバーを取り外すようにすることがオススメといえる。そのためには、取り外しが容易なバーを選ぶこともポイントの一つ。もちろんそのうえで、安全性の高いバーを選ぶのがとても大切です。
高速道路での荷物を載せているときは、速度をできるだけ抑えて運転すると、燃費の悪化を最小限に抑えられるということも覚えておいてほしい。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら