最近「2ペダルMT」と呼ばれるクラッチペダルがないMT(マニュアルトランスミッション)があるようですが、どのようなものか知っていますか?



■2ペダルMTとは?

クラッチペダルが無く、レーシングカーのシーケンシャルミッションのようにシフトレバーを前後に動かすか、ステアリングのボタンを押すだけでギヤチェンジが行えるMT(AT)。
流行りのマニュアルモード付ATとは違い、構造的にはMTをベースにクラッチ操作とエンジンの回転合わせを自動化したもの。攻めのシフトチェンジを可能にする走りのアイテムです。
MTと同等の動力伝達能力があるため普通のATより燃費がよく、それでいて普通のATのような自動変速モードを備えたモノや、さらには瞬速シフトチェンジを実現するDCTなどがある。
2ペダルMTは、セミオートマチックトランスミッションとも呼ばれるもので、これまでも採用車種がありました。
以前までは、「クラッチ操作がいらない楽なもの」という印象でしたが、数年前にドイツのフォルクス
ワーゲンがより高性能なタイプを市販車に採用してから注目を集め、現在では同じタイプのものが日本のスポーツモデルにも採用されています。
このタイプは2つのクラッチを交互に使うことで通常のMTよりすばやく正確な変速を可能にしています。なお、2ペダル式MTは「AT限定免許」でも運転することが出来ます。
■2ペダルMTの採用例
フォルクスワーゲン「ゴルフ」
日産「GTR」
三菱「ランサー」
BMW「SMG」
トヨタ「シーケンシャルMT」
フェラーリ「F1シフト」
アルファロメオ「セレスピード」
アウディ「DSG」


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら