車の運転をするうえで自車の車両感覚を把握しておくことはとても大切なことです。正確な車両感覚が求められるのは、縦列駐車や車庫入れなどの比較的難易度の高い運転をする場合だけではありません。


停止線でちょうどピタリと止まる、狭い道でスムーズにすれ違うなど、スマートな運転をするのに常に必要なのです。もちろん自車の位置を把握することは安全運転にも直結します。
■前方感覚
最近の車は歩行者保護や空気抵抗を減らすための丸みを帯びたデザインになっていることが多く、ボンネット全体が見えにくくなっています。前方の地面にある停止線は近づくと見えなくなるので、運転席から見たときの停止線とサイドミラーの位置関係を覚えておくと便利。
ポイント)目安となる線の前にピッタリ止めて、一度降りて確認する。運転席から見た時にサイドミラーの下方に線がきた時、線の延長線上のドアにテープなどでマークすれば、次回以降は車を降りずに、そのマークを目安にピッタリに止められる。
■前角の把握
先端の距離感覚と同時に把握しておきたいのが前の角の位置。あわせて覚えておくと、狭路走行や
縦列駐車などのときに有効だ。車の角からまっすぐのラインに傘などをあげて立ってもらい、運転席からどう見えるかを確認。ダッシュボードやピラー(柱)との位置関係や前角までの距離をつかむ様にする。安全確保のためにエンジンは切って行うこと。
■側方感覚
衝突安全性を高めるために、近年の車はドアが厚く車幅が大きくなる傾向にあるので、車両感覚を把握する難しさにつながっている。駐車場の精算機などは、車を寄せなければならないので、必然的に車両感覚把握の練習になる。場所が狭かったり、直前が大きく曲がっていたりするので苦手な人は一気に寄せるとぶつかってしまう危険がある。「今回はここまで寄ったから、次はもう少し寄せても大丈夫」というふうに段階を追って習得するといい。
運転中の何気ない動作や、車から降りた後の駐車状態にも、車両感覚を把握するためのヒントは沢山あります。漫然と運転するのではなく、常に正しい運転姿勢をとり、車両感覚を意識して運転することによって、徐々に体得できるようになります。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら