スタッドレスタイヤや夏タイヤ、などを季節に合わせて交換している人もいるでしょう。その際、使わないタイヤは何処にどのように保管していますか?今日は、知っていそうで知らないタイヤの正しい保管方法をお教えします。


■何処に置く?
ゴムは直射日光や水分に弱いので日の当たらない屋内に置くか、屋外なら日光や雨を防げるタイヤカバーを掛けるのが理想です。空気中のオゾンに触れると、ゴムの劣化が進むので、なるべく劣化を遅らせるために上記のような場所が望ましいのです。
■ホイールは?
ホイール付きのタイヤの場合、重みで接地面が変形しやすいので、タイヤは横向きに置くのがいい。
また、空気圧は規定の半分くらいにしておきましょう。この場合、タイヤから出る油分などで、床が汚れた場合なかなか落ちないので、タイヤの下にダンボールや板を敷いた方が良いでしょう。
■タイヤのみの場合は?
タイヤのみを平積みしてしまうと、重みで下のものは変形するので、つぶれて変形しないためにも縦置きで保管しましょう。
■スタッドレスタイヤの注意点
スタッドレスタイヤの表面についた汚れを落とします。スタッドレスタイヤのゴムの劣化に繋がる融雪剤などが付いていますので、洗剤などできれいに落としましょう。更によく乾かす。ぬれたままで保管すると劣化が早まる原因になります。空気は3分の1くらい抜いた方がいいです。規定空気圧のままだとスタッドレスタイヤのゴムの張りが継続され良くありません。張りを抑えゴムを休ませる為にも空気は抜いて保管がベストです。
スタッドレスタイヤは通常のタイヤに比べて、接地面が軟らかく出来ています。ゴム自体が軟らかく細かい切れ込みもあるので縦に立てて保管してしまうと、接地面のみに圧力がかかり、その部分への負担によりスタッドレスタイヤ全体の性能均一化が失われてしまう可能性があります。なるべく横向きに平積みする方がいいでしょう。
■その他
長期間保管する場合は、時々積み重なっている順番を替えることで一つのタイヤにかかる負担も軽減される。なお、タイヤをビニール袋などに入れる人もいますが、湿気が溜まりホイールが腐食することがあるので、密閉はしないように注意しましょう。
保管方法でタイヤの寿命は変わります。しかし、長期間保管しすぎはどんなタイヤでも万全とは言えなくなってしまうもの。古くなったタイヤは思わぬ危険を招いてしまう場合もあるので、ある程度の年数が経ったら専門業者にチェックしてもらおう。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら