いつの間にか日が暮れるのが早まってきました。夕暮れ時の運転は昼間見えて当然の物が見えにくくなって運転も注意力がかなり必要になります。以前もお伝えした反射材について。歩行者側に立って、自分自身や家族のためにも是非使ってほしいものです。


すぐに取り入れやすい反射材はキーホルダーやブレスレットタイプ。価格も300円~と安価に手に入る。子供用にはキャラクターが描かれていたり、ちょっとおしゃれな北欧風デザインの物もある。
・どうやって光るの?
「再帰反射」といって光の来た方向へ再び光を反射させる。道路白線にガラスビーズを混入し夜間の視認性を良くしたのが始まりと言われているが、近年はビーズ方式より反射性の高いプリズム方式が主流。
・反射材によって視認性はどれくらい違う?
反射素材の性能や面積によって視認性は異なってくる。(面積が大きいほど高い)また、同一性能でも色により反射輝度は異なり、白、黄、黒の順に高い。
・反射材の効果的な使い方は?
クルマのライトが当たりやすい足元につけるのが効果的。またブレスレットや足首ベルトなどぐるりと反射材がついた物はどの方向からも光が当たりやすいので効果が高い。
・服装で目立つ色、目立たない色は?
夜間、ヘッドライト下向きで運転席から確認できる距離は、明るい色の服が38m、グレーの服31m、黒っぽい服は26mという結果になった。
子供のカバンや持ち物にキーホルダー型の反射材をつけたり、目立ちやすい靴のかかと部分や靴裏にも取り入れたりすると効果的。黒いテープタイプのものなどは、スーツの裾などにも取り付けやすい。
寒い季節は黒や茶などの暗い色の服装になりがちなので、意識的に反射材を取り入れてみよう。
交通安全先進国のスウェーデンでは、子供からお年寄りまで人口の20%以上の人が反射材を身につけているそうなので、日本でももっと気軽に取り入れたり、安全への意識が高まるといいですね。
しかし、最近は暗くなってもヘッドライトをつけない車も見かけるので、反射材をつけていたとしても
気づいてもらえない場合もあるので道路を歩く側も十分気をつけよう。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら