両手に沢山の荷物。こんな時に車のキーを探して差し込んで・・・という動作を考えたらキーフリーシステムはとても便利です。


昨年購入した車のキーは近づくと勝手にロックが解除されて、離れるとロックしてくれるいわゆるキーフリーシステムです。その前の車が10年近く乗っていた車だったので、初めて体験した時は画期的!とちょっとビックリしてしまいました。
【車のキーの進化過程】
・従来型キー
キーをカギ穴に差し込んで回し、ドアロックの開閉やエンジンの始動を行う。誰もが知っている昔ながらのやり方です。
・リモコンキー
キーに付いているリモコンボタンを押すと、キーをカギ穴に差し込まなくてもドアロックの開閉ができる。「キーレスエントリー」とも呼ばれる。ただし、エンジン始動は従来どおりキーを差し込んだり、所定の位置に置いたりして行う。
・キーフリーシステム
キーさえ持っていれば(ポケットやバッグの中に入れてもOK)キー操作なしでドアロックの開閉やエンジン始動ができる。「スマートキー」や「インテリジェントキー」とも呼ばれている。信号発信器を内臓している電子キーが車両と常に通信を行うことで可能になっているシステム。
・イモビライザーシステムとは
電子キーの普及に伴って盗難防止措置なども進化していて、このイモビライザーシステムとは電子チップが持つ固有のIDコードと車両側のIDコードを電子的に照合し、一致すればエンジンを始動させることができる。というシステムで、合カギなどでドアを開け、エンジンを始動させようとしてもIDコードが一致しない限りエンジンを始動させることができない。キーのIDは暗号化されており、その組み合わせは膨大な数になるため、複製することは不可能に近いとされている。そのため、合鍵や配線直結による手口にも高いセキュリティシステムを発揮している。
電池切れや故障の時は?
便利だと思っていても、電池が切れた場合などの対処法も必要である。そういう場合はカギ穴に差し込むキーが中に組み込まれている物が多い。電池交換や修理はディーラーなどで行うが、紛失して、もう一度作る場合は、車体側のコンピューターの交換も必要になる。
各自動車メーカーが色々なシステムを開発していて驚かされるが、未来の車はキーがなくてもドアの開閉やエンジンをかけたりということが可能になるかもしれない。
実際に指の静脈で本人認証システムなどもあるので、キーフリーの時代もすぐそこまできているのかも。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら