行楽地へのお出かけで渋滞にはまってしまい、サービスエリアでトイレ休憩や食事などをとる。しかし、最近のサービスエリアはお土産物やお弁当など、そこでしか味わえないものなども多くテレビや雑誌などでも特集が組まれるほど充実しているところもある。


駅は『えき弁』空港は『空弁』では高速道路は『どら弁』『速弁』と呼ばれているそう。
速弁は高速道路の『速』と弁当の『弁』を合わせて『はやべん』と読みます。
2006年11月に中日本高速道路が東名高速道路の上郷サービスエリア(SA)など3か所で限定販売を始めた弁当。
JRの駅や列車内で販売する「駅弁」、空港で販売する「空弁」があるなら、高速道路で販売するお弁当があってもよいのではということから発案されたものです。
速弁の特徴ですが、東名高速道路・上郷サービスエリアで販売されている速弁の価格は1680円と2100円。
駅弁や空弁と比べてみると少し割高な気がする。しかしこの高級感と限定個数が人気で、毎日のように予約の申し込みがあり、1日限定30食の弁当は2時間ほどで売り切れるという。
北陸自動車道・南条サービスエリアでは福井産の食材を使った高級弁当が人気だ。カニづくしの3000円の弁当、サトイモや甘エビが入った2500円の2種類の弁当が1日60食限定で販売されこれまた連日完売だという。
速弁のコンセプトは「中日本のごちそう~いい旅に、いいお弁当~」。地元の老舗料亭などが協力し旬の素材と地元の味にこだわったという。また、旅行中の財布は女性が握っていると考え、女性をターゲットに繊細なイメージにしたという。その思惑は見事当たり、中高年の女性や夫婦が購入することが多く、わざわざ弁当を買いに来る人もいるそうだ。
・速弁に秋メニュー登場
季節ごとに内容を変えて売り出されているのも速弁の魅力。今のこの時期にしか味わえないという希少価値も人気につながっている。
【東名高速道路】

  • 『港北PA』人形町今半「特選すき焼き弁当」\3,150
  • 人形町今半「秋の旅路」\2,100
  • 『富士川SA』なすび総本店「駿河葵物語」\2,480
  • なすび総本店「駿河旬の小箱」\1,480
  • 『浜名湖SA』きじ亭「きじ会席弁当」\1,860
  • 『上郷SA』おぎ乃 料亭女将弁当「花舞」\2,100
  • おぎ乃 料亭若女将手習い弁当「つぼみ」\1,680

【中央自動車道路】

  • 『談合坂SA』会席料理 琵琶家 姫長寿弁当「はないかだ」\2,500
  • 会席料理 琵琶家 姫長寿弁当「うぐいすかぐら」\1.500

上記以外にも、名神高速道路の多賀SA、養老SA、北陸自動車道路の南条SA、東海北陸自動車道路の関・長良川SAなど数箇所にとても美味しそうな速弁が販売されている。こうして見ても普段のお弁当よりも若干高めなので素材や味など期待が持てそう。秋の行楽シーズン、何処かのついでによるのではなく、『PAやSAが目的地』となる日も遠くないかもしれない。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら