ドクターカーとは医師を乗せて救急現場へ向かう車のこと。ドクターヘリはテレビやドラマなどなどでもよく取り上げられているので聞いたことはあったが、ドクターカーという言葉を耳にしたのは始めてだった。


今までは高規格救急車が使われていたが、昨年6月施行の改正道路交通法により一般車両の緊急ドクターが登場した。国内導入第一号となったのは岐阜県立多治見病院のドクターカー。
そのドクターカーの現場とは?
医師が自らの運転で事故現場へ急行する。ドクターカーには赤色灯やサイレン、警告マイクなどの装備を付けて、3ナンバーのプリウスが日本では初めてドクターカーとして緊急車両に指定されている。
救急車による搬送と違い、ドクターカーには医師が乗っているので、緊急の処置などの対応も早い。実際自動車事故などで一刻を争う事態にも対応できている。
医師を救急現場に運ぶ手段としてはドクターヘリが有名だが、夜間や荒天時には飛べない。
しかも離着陸の場所を確保するなどの制約があり維持コストも高い。一方ドクターカーは長距離移動には不向きだが、ヘリコプターよりも低コストで機動性が良いのが何よりも魅力だと言える。
通常の救急車の場合は

  1. 119番通報
  2. 救急車が事故現場に向かう
  3. 病人や怪我人を乗せて受け入れ先を確保
  4. 病院に搬送してから処置、治療

ドクターカーの場合

  1. 119番通報
  2. ドクターカーに要請
  3. 医師が自ら現地に向かう
  4. 救急を要する場合その場、車内で処置・治療が可能
  5. 病院へ搬送

大まかな流れは変わらないように見えるが、1分1秒が生死を分ける救急の現場に医師自らが緊急車両を運転して駆けつけると言う試みは、とても心強いように感じる。
ドクターカーがもっと普及することによって、助かる命が増えるかもしれない。
一刻を争う緊急自動車、その車が事故を起こしては元も子もない。『安全かつ早く』を念頭に走る緊急自動車には、私たちドライバーもきちんと道を譲るようにして、速やかに到着できるようにしてあげよう。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら