今年も東京モーターショーが10/24から開催されます。実際、現地に行って目にすると最新技術で夢のようなクルマが展示されたりしてます。


近年はやはり環境に配慮したクルマを多く目にします。
そして、モーターショーでは市販車や市販予定車の他にコンセプトカーというものが展示されます。コンセプトカーとは簡単に言うと、各メーカーがデザインや技術を、アイデアなどの方向性を示すために作った車などを指します。
昨年モーターショーで見られた各メーカーのコンセプトカーをいくつかあげてみます。
『トヨタ RiN』
目指したのは「乗るほどに身体も心も健やかになる車」ドライバーの心理状態に応じたイメージ映像を
映す調心ステアリング、酸素濃度コンディショナー。雪見障子窓などを装備している。
『ホンダ PUYO』
人と車の関係をより蜜にすることを提案する、未来の燃料電池車。柔らかいシリコンボディでペットのような親しみを表現、360度回転したり発光して周囲に走行状態を知らせる。
『日産 ピボ2』
便利で安全に移動するための技術を搭載した、電動シティコミューター。ナビゲートロボットがついていてドライバーの状態を判別して声をかけ、ソフト面でも運転を支援する。
『マツダ 大気』
同社が取り組む「Nagare(流れ)」デザインプロジェクトの第4弾。次世代ロータリーエンジンを搭載し、空力特性などリアルな技術とデザインが融合した未来のスポーツカーのモデル。
『三菱 iMiEVSPORT』
市販化を目指して走行実験進む電気自動車iMiEVに、前輪インホーイールモーター技術や車両運動統合制御システムによる優れた走行性能をプラスした「エコスポーツカー」
『スズキ PIXY&SSC』
モーターで駆動し時速6kmで走行するPIXYは1人乗り移動ツール。SSCはPIXYを2台搭載する軽自動車型移動ユニット。燃料電池とモーターで走り、使わないときは電力ステーションとしても働く。
環境に配慮したり、高齢化社会に向けてのアイデアだったり、車以上のことをしてくれるのが未来の車。
若者の車離れが指摘されているので、それに向けての若者の嗜好を取り入れた見た目も『カッコイイ』と思える車も発表されていたりする。
せっかく開かれているモーターショー。実際に目で見て触れて確かめて、これからの車社会がどうなっていくのか肌で感じることができるだろう。子供の頃に思い描いていた未来の車が、もしかしてそれ以上のものが見られるかもしれない。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら