年齢とともに、目がかすむ、物がはっきり見えない、といった症状がでてくるのは仕方がないこと。
しかし、目は運転するにあたってとても大切なところ。最近目の調子が何となく悪いと思っていたら早期発見、早期治療を心がけてほしい。


現在、日本国内の中途失明原因のトップは何か知ってますか?
緑内障という言葉を聞いたことがある方も多いだろう。眼圧の上昇などにより視野の一部が欠けるなどの症状の病気である。この病気は原因不明で誰にでも起こりうる病気の一つです。
近年は40歳以上の5%、つまり20人に1人が緑内障に罹患しているといわれている。そのうち治療を受けているのはたったの2割弱。8割以上の人が罹患に気がつかずに症状を進行させてしまっているのです。
もっとも、初期症状の場合は片目に視野の欠損があっても両目で見ているので、欠損部分が大部分カバーされて気が付かない場合も多いという。緑内障の多くは慢性型で痛みなどの症状もないまま、ゆっくりと視野欠損が進行していくと言われている。視野が欠けた部分はコントラストが低くなる感じで、よほど注意しない限り自覚することは難しい。
しかも重症で中心部分の視野しか残っていないのに、視力が1.2などというケースも珍しくない。したがって本人に自覚がなければ車の運転も、免許の更新も可能なのが現実です。
緑内障によって、視野の欠けた部分は二度と回復することはない。しかし、薬物療法など適切な治療を受ける事で症状の進行を遅らせることは可能だという。日常生活の中で出ているサインをいかに見逃さないかが大切です。
40歳を過ぎたら自覚がなくても年に1回は眼底検査をし、少しでも異変を感じたり心配があれば専門医に診てもらう事が大事です。

  • テレビなどの字幕が読みにくい。
  • 本を読んでいて最後まで読まずに行変えをしてしまう。
  • 目の前の信号が青に変わったことに気がつかずにクラクションを鳴らされた。
  • 目の前を横断する歩行者が消えたり現れたりする。

上記のようなサインは色々な場面で出ているのだが、簡単に出来る緑内障チェック方法がある。
片目でカレンダーの中央の数字を見てみるのがよい
もし数字が抜け落ちたり、ぼやけたり、他よりも読みづらい数字あったら緑内障の疑いがあるので
速やかに病院にいくこと。そして緑内障と診断された場合は、必ず車の運転を医師に伝え運転が可能かどうか相談する必要がある。
緑内障になっても、全ての患者が運転できないということではない。早期ならば症状と進行を正確に把握して、自分の弱い部分に顔や視線を向けることで欠けた視野もカバーできるのです。
緑内障=失明は今は昔。完治は困難でも150歳で失明するくらいに進行を遅らせられるので、手遅れになる前にきちんとした診断を受けて、安全運転を心がけなければなりません。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら