夜間車を運転している時、歩行者に突然気づいてヒヤリとしたした事はありませんか?
車から歩行者は見えにくいのに歩行者は「見えている」と思いがちなのです。


夜間の歩行者事故から身を守るために反射材グッズがあるので使ってみませんか?
【魔の17~20時台…車から見えない歩行者】
時間別の歩行者死者数は18~19時台をピークに前後1時間に激増している事をご存知だろうか。
自動車事故の4割がこの時間帯に集中しているのです。
なぜこの時間帯に急増しているのか?
買い物、帰宅、下校などで歩行者が増えるということもありますが、ドライバーにとっては、夕方から夜間は視界に入る情報が判別しづらく、歩行者などに気が付かないケースが多いと言う。
薄暗い夕方から夜間の街灯の下では、ライトをつけた車は歩行者からよく見えるが、ドライバーからは23m近づかないと見えなかったという実験結果も出ている。したがって速度が出ている車ではブレーキが間に合わないのだ。
【夜間歩行。こんな人は特に注意!】
・帰宅・下校時にガードレールのない道を歩く
・街灯のない道を歩く
・信号のない交差点を渡る
・スーツ・制服など暗色系の服を着ている
・家の近所が車の抜け道になっている
・買い物や犬の散歩、ウォーキングなどが夕方から夜の日課になっている
反射材は光を受けた時だけその光を反射させて光る優れもの。
たとえば靴の裏や側面に貼っておくだけで、ドライバーに対して注意を喚起させることも出来る。
ここで「効果は分かったけど、付けるのが恥ずかしい」という方の為に、最近は服やグッズにさりげなく反射材を使った物も増えているので気軽に取り入れることも出来る。
反射シールなどを子供のバッグやランドセルなどに付けたり、反射材効果のあるリードなどは犬の散歩にも有効です。他にもパーカーやTシャツなど安全を意識したウェアもあるので急なトラブルなどで夜間、自分の位置を後続車に知らせるためにも、持っていると便利である。
ドライバーが早めにライトを点灯し、細心の注意を払うのは当然のことだが、事故を減らすためにも
歩行者側には反射材などを活用してほしいですね。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら