夜間の運転が怖いな~と思った方は多いはず。それはもちろん暗くて見える範囲が狭まるからですよね。しかし、夜間走行中に必要なヘッドライトをずっと下向きにしたまま走っている人も多いのです。


ヘッドライトの照射距離は、上向き(ハイビーム)だと約100m。下向き(ロービーム)だと約40m
しかありません。(多少機種により異なる場合もあり)
仮に時速60kmで走行した場合、停止距離は44mなので、ハイビームなら間に合う対応もロービーム
では間に合わないという事も起こり得るのです。
そもそもヘッドライトは自分の車の存在を周りに知らせる役割もあります。
見通しの悪い交差点やカーブの手前などでは、こまめにヘッドライトの向きを切り替えるクセをつけ、
状況を早めに視認できるように心がけるといいでしょう。
最新技術にばかり頼ってもいられませんが「ナイトビジョン」(夜間前方歩行者情報提供装置)という物をご存知ですか?
遠赤外線や画像認識などを組み合わせ、暗がりにいる歩行者などをいち早く発見しカーナビの画面などに映し出したり、警報音などでドライバーに注意をうながすものです。夕闇迫る通学路などで、ヒヤリとした経験がある方もいると思いますが、そういう時などの強い見方にもなってくれます。
でも交通安全はドライバー一人ひとりの心掛けが大切です。ショボショボした目で運転したり疲れきった体でハンドルを握るのでは安全運転はおぼつかないので、日頃から心身ともに健康な状態を保ちたいものですね。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら