車の掃除・・・外側の清掃はこまめにするけど、車内の掃除は年に1度くらい…という人も多いのでは?意外に汚れている車の中。小さいお子さんがいると食べこぼしやジュースなどをこぼしてそのまま放置。気付いたらシミになっていたり。


今日は車内の掃除の仕方とあると便利な掃除クッズを紹介します。
『車内の掃除の仕方』
1.フロアマット
布団たたきで小刻みに叩いて日光に当てておく。汚れがひどい時、時間がある時はシャンプーしてブラシ洗いして完全に乾かす。
2.シート
これも布団たたきで小刻みに叩いてホコリを出した後、やわらかめのブラシを掛けて掃除機で吸い取る。狭い場所は細いノズルで。
次に霧吹きで水を噴霧してからブラッシングして、乾いた布で水気をふき取ると簡単な汚れは取ることが出来る。油性の汚れはこの後、シートクリーナーなどでふき取る。
3.ダッシュボードなど
やわらかいブラシなどでホコリを払った後、固く絞ったタオルで水拭き。専用の掃除シートでも簡単できれいになる。
4.フロア
固めのブラシで汚れを掻き出しながら掃除機をかける。狭い場所や手の届きにくい所も歯ブラシなどで、出来るだけきれいに。
『オススメの道具とその他の疑問を解決』
掃除機はハンディの物を使用しがちだけど、吸引力が弱い物が多いので出来れば、延長コードを利用して家庭用の掃除機を使うほうがベスト。洗車場などにも掃除機が設置してあるのでそちらを借りてもよい。
ノズルは先が細くなった物があるとかなり便利。ブラシつきなどもあるので使い分けてみよう。無ければホームセンターなどでも入手できる。
クリーナーやお掃除シートも手軽できれいになるので是非活用しよう。カーショップでは用途に応じて様々な種類のクリーナーがある。手軽でオススメ出来るのは、タッチパネルの静電気やホコリ、手垢などが取れるウェットティッシュ型のシートなどです。
布製のガムテープを、粘着する側を外側にして、こより状に細くクルクルと巻いて、手の届かない所にある小さなゴミを付着させる方法もある。これはシートの隙間やレールなどのゴミや砂利までも付着してとってくれるのでとても便利。(ただし紙タイプのガムテープはクルクルこより状にならないのでNG)
掃除の時はドアも全開に。ホコリを逃すだけでなく、車内にこもった湿気も逃す。晴れて湿度の低い日が掃除日和。トランクも開けて車内を充分に乾燥させよう。
時間がある時に是非、数年分のホコリを一気に叩きだしてみては?掃除をしてみて、こんなに汚れていたの?と驚く事もあるかもしれませんがきっとその後は気持ちよく運転できるはずです。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら