何も考えずにバシャバシャと水や洗剤を大量に使っての洗車は、いったいどれくらいの水を使用しているのだろうか?


20分間、普通にホースから出しながらの洗車はおよそ240リットルも使っていると言われている。
一人が一日に使う水の量の平均が380リットル位なので比較すると洗車1回分がどれだけ水を無駄にしているか分かりますね。
そこで誰でも簡単に取り組める『エコ洗車』について調べてみました。
■エコ洗車に向いている車・人

  • しっかり洗車は面倒くさい
  • 定期的にしっかり洗車しているので普段は軽めでもいい
  • 賃貸駐車場のため、水があまり使えない
  • 出かける前に家族の身支度が長くて待たされる

■エコ洗車に向かない車・人

  • 絶対にキズをつけたくない
  • 車が激しく汚れていて簡単には落ちない
  • 濃色車(細かいキズが目立ちやすい)

上記だけとは限りませんがそれらを踏まえて自分の車をエコ洗車してみましょう。
用意するもの

  • 霧吹き(コレ主役・・・水だけ洗車、500ml位入るのがベスト。大きすぎると重い)
  • 補給用の水・・・1~2リットル ・バケツ ・洗車用合成セーム革
  • 他タイヤ用、ホイール用、洗車用シート等あると便利

徹底してエコを意識するならお風呂の残り湯などを霧吹きやペットボトルに入れて霧吹きの水圧で汚れを落とす洗車法がおすすめ。
霧吹きで小さい埃を吹き飛ばした後、1番の問題が水気のふき取り。
洗車が好きな人は分かるはずですが、念入りにシャンプー洗車をしていないと砂や埃でボディを傷つけてしまう。そこで、水気ふき取り用の合成セーム革シートを広げてペタンとボディに乗せスルスルと引っ張るふき取り法がとても有効的!(あくまでもワックス掛けがきちんとしてある事が前提)これならボディに圧力がかからず、傷もつきにくいです。
え~こんなの面倒だよ~と思う方はホースからの水出しをバケツに溜めて洗車するだけでも140リットルは節約になると言うのでコレだけでも試す価値はあると思います。
地球にも財布にも優しいエコ洗車。家族の身支度がなかなか終らない方。
待っている時間にササッと洗車してピカピカの車で気持ちよくドライブしてみては??


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら