ギアをRに入れると、カーナビなどのモニター画面に車後方の様子を映し出してくれるバックカメラ。
目視やミラーの死角を確認できるが、果たして実際の状況をどのように映し出しているのだろうか?


死角が大きい後方視界を補助するために最近人気が高まっているバックカメラ。(バックモニター、リアビューモニターともいう)車のCMでも何度か目にした事があるが、駐車に自身がない人にとっては何とも頼もしいモニターである。
バックカメラは、まさに『もう一つの目』的な存在ではあるが、目視と画像の両方を合わせて活用する方が安心感が高まり、上手に使うとスムーズな車両操作ができるのです。
しかしながら、バックカメラだけを頼りにバックしながら駐車すると、距離感がつかみにくく少々危険が伴うと言う意見も聞かれる。
実際に実験で試した結果・・・

  • 車種やメーカーに差はあるがカメラの性能には制限があり、画像のゆがみ、距離感がつかみにくいという点があがった。
  • さらに広域範囲が映し出されているにもかかわらず、モニターにもミラーにも映らない死角が存在する事もある。
  • 車両後部の脇は死角になりやすく、リアタイヤ付近の障害物、ピラーの陰などは見えずらい事が分かった。
  • どのタイプのバックカメラでも車両の真後ろの様子を確認するにはとても有効だが、車両から2~3m以上離れた場所の様子は、ミラーを活用したり直接目視で確認した方が位置の把握がしやすいと言う意見も多い。

せっかくの便利な機能。しかし頼りすぎてしまうと気が緩んで障害物を見落としてしまいがちになるので、モニター、ミラーでのダブルチェックが可能な時こそ慎重になる事も忘れてはならないのでは?


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら