日本は地震大国です。
つい先日も東海沖で震度6弱の地震がありました。


走行中に大きな地震に遭遇すると、突然パンクした時のように左右に激しく揺れハンドルをとられるような感じになると言います。
もし運転中に地震が来たら??必要最低限の事をまとめました。

  1. ハンドルをしっかり持って徐々に速度を落とし、道路左端の安全な所に止める。
  2. 揺れが収まるまで外に出ず、ラジオなどで情報を収集する。
  3. 車から離れる時は、窓を閉め、車検証、貴重品を持参。キーは付けたままにして連絡先のメモを残す。(通行の妨げになった場合移動出来るように)
  4. そのまま車で避難しない。
  5. 車を置いて避難するときは道路以外の場所に移動しておく。

以上のようにあたり前のことが、とても大切になります。
中でも4番の地震直後、車で避難するのはご法度です。
大震災のあった神戸では震災後多くの人が車を利用した為に、大渋滞が続き救急車両、救援車両、消防車両の通行に支障をきたしたのです。
他にも震災後の考えられる交通状況として、道路情報なども少なく、信号機なども停電で機能しなくなり大渋滞が続くとその場に車が乗り捨てられる事も。
地震で火災が発生すると、車の燃料タンクに引火して更なる火災が起こる可能性も。
いずれにしても、地震が起きない保障はどこにもないので、日頃から地震に備えておく必要があります。
車の中には、懐中電灯、携帯ラジオ、食料、飲料水、救急用品、毛布(コンパクトな物)、手袋、ビニール袋、ティッシュ、ウェットティッシュ、筆記用具、衣類など、あげればキリがありませんが、これを機に防災用具セットなどを準備しておくといいかもしれません。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら