夏休みや行楽シーズンに車で出掛ける家族も多いと思います。
小さいお子さんはきちんとチャイルドシートを着用してますか?


幼児(6歳未満の子供)を同乗させる時には安全の為にきちんとチャイルドシートを使用しましょう。
2000年4月にチャイルドシートの義務化が制定されてからは当たり前の光景になったように思えますが、子供の安全を守るはずのチャイルドシート使用法を誤ると全くの効果がなくなってしまうのも
事実です。
遠出の予定がある方は、これを機会に一度確認してみるのもいいかもしれません。
1.子供の体格に合っているか?
2.座った時、シートから頭部が出ていないか?
3.使用する車に確実に固定出来ているか?
4.シート座面が低く平らで大きく安定しているか?
チャイルドシートには新生児~1歳位まで使用できる乳幼児用シート。
4ヶ月~4歳位までの幼児用シート。4歳~10歳位まで使用可能な学童用シートがあります。
自分のお子さんの年齢だけでなく、体格や装着した時の窮屈さなどを確認してあげて下さい。
そして、気になる点がもう一つあります。
よくチャイルドシートを助手席に取り付けている車を見かけますが、その車に、もしもエアバッグの装備がついている場合はなるべく後部座席での使用をお勧めします。
万が一エアバッグか作動してしまうような事故に会った場合、小さい子供にとっては事故の衝撃よりも、エアバッグの衝撃の方が大きいことも有り得ます。
やむを得ず、助手席で使用する場合には、座席を出来るだけ下げて必ず前向きで固定するようにしましょう。
子供を危険から守るのは親の務めでもあります。
間違った知識で子供を危険にさらすことのないように、安全で安心できる運転で楽しいお出掛けにしたいですね。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら