雪道の走り方の疑問をQ&A方式で解説していきます。
スタッドレスタイヤとチェーンはどちらがいい?


スタッドレスは、雪道走行を目的に作られた冬用タイヤ。低温でもしなやかな特殊ゴムを使い、形状等にも工夫を施して、雪道や凍結路のグリップ力を強化しています。
一方のチェーンは、発進、停止の『引っ掛かり』がよい反面、雪のある場所しか走れない、走行速度が低いといった制約があるので、『雪道走行は四輪ともスタッドレスが基本で、チェーンは緊急用』と考えるべきでしょう。雪深い場所では、スタッドレスにチェーンを携行すれば、より安心です。ただしタイヤは摩耗や劣化により性能が落ちるので、雪道走行の前には必ずタイヤの状態をチェックしましょう。
発進時、空回りさせないコツは?
空転の原因は主に、アクセルの操作が荒いのが考えられます。発進時はブレーキペダルをゆっくり戻し、ATのクリープ現象で車が動き出すのに合わせて、じわりとアクセルに力を加えるようにします。タイヤが雪を
かんで転がり始めるのを確かめながら、徐々にアクセルを踏み込んでいきましょう。
もし『空転した』と思ったら、そこでアクセルを戻すこと。踏み続けると路面をさらに磨いてしまい、動けなくなります。もう一度慎重にやり直すか、可能であれば少しバックして、駆動輪を別の路面に乗せてから発進するのがいいでしょう。
雪道でのブレーキのタイミングは?
雪道でブレーキはダメと思っている人もいるようですが、危険回避時はもちろん、停止時や減速時にも当然ブレーキ操作が必要です。雪道の制動距離は乾燥舗装路と比べて、圧雪路で3倍以上、アイスバーンでは10倍以上になることもあるので、普段よりはるか手前からかけ始めなければ間に合いません。
停止時のブレーキは雪道だからといって、こわごわ踏み始めるのではなく、最初からある程度しっかりと踏む。そのまま踏む力を保持して、速度を落とし止まる直前で少し力を抜くとスムーズに止まれます。また走行中は路面状況に合わせて刻々と速度を調節することが大切です。目の前に滑りやすい路面が現れたからといって、あわててブレーキを踏んだりするのは厳禁です。
運転中ハンドルを取られたら?
雪道はさまざまな状態の路面がパッチワーク状になっています。タイヤのグリップ力は路面状態によって異なるため、左右のタイヤの下にある雪の状態が違ったり片方のタイヤが路面の凹凸にかかっていたりするとハンドルを取られます。
それを防ぐには、発進・停止を丁寧に行う、無理のない速度で走ること、などがあげられます。常に正しいドライビングポジションで運転することも大切です。また、ハンドルを取られまいと強く握りしめるのは逆効果。むしろ軽く握り、手と上腕をバネのように使って揺れを吸収すると、ふらつきが少なく安定して走ることができます。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら