GW、年末年始、お盆…日本には高速道路が渋滞すると予想される期間がいくつかあります。遠出を考えた時にまず始めに考えることが『道路の渋滞』ではないですか?高速道路の無料化や、ETCの利用で休みに限らず混んでいることもあります。


そんな日本の高速道路に詳しい中日本高速道路(NEXCO中日本)で渋滞についての疑問を聞いてみました。
Q1渋滞予測情報はどこで見られる?
NEXCO東日本・中日本・西日本や首都高速道路、阪神高速道路などの道路会社各社のホームページでは渋滞予測カレンダーやリアルタイム渋滞情報のほか、渋滞しやすい箇所や原因、各社の対策なども見ることができる。
Q2渋滞のメカニズムは?
車の量が道路の交通容量を超えると渋滞が起こります。たとえば、車線が減少するところでは交通容量が減るので渋滞が起こりやすくなります。また、サグという下り坂から上り坂に変わる場所でも速度が下がって渋滞が発生しやすくなります。
Q3どのような対策をとっている?
インターチェンジやサービスエリアへの流入・流出車線を長くしたり、サグには速度低下防止を促すような情報版を設置したりして、一定の効果は出ています。しかし、車の量自体を減らすことは出来ないので、分散化をお願いするしかないのも現状です。
Q4渋滞減らし隊キャンペーンとは?
NEXCO中日本の渋滞対策のひとつで、事前にホームページから登録のうえ、指定された日時に対象の出口をETCで通過すると、抽選でETCマイレージポイントやSA、PAのお買い物券が当たるというもの。平成21年からお正月、GW、お盆の時期に行われています。このキャンペーンによって実際に6%が混雑する時間帯から空いている時間帯に交通が分散したと推計されています。
Q5渋滞緩和3原則とは?
原則1『速度を低下させない』
原則2『車間距離をつめすぎない』
原則3『追越車線に集中しない』
走り方によって渋滞を緩和しようという取り組みです。一人一人が意識して走れば渋滞の原因を少しでも減らせて渋滞緩和につながるかもしれません。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら