高速道路を走っていて、自分の車の前に車線変更で入ってくる車がやたらと多いな…と感じる場合は、他の車よりも長い車間距離を取っていて入りやすい雰囲気が漂っている証拠だといえます。


今回は普段の運転の中で『お先にどうぞ』という気持ちで走っているか考えてみましょう。
合流車線からの車
合流車線から入ってこようとしている車は、入れてあげたほうがいいのか?こっちが先に行くべきか迷うことがありますよね。基本的には本線を走っている車に優先権があるので、自分が先に行ってもいいのですが、そのまま行くと合流車がブレーキをかけなければならないようなタイミングの時は、少し減速してあげるか、右の車線に移って合流しやすくしてあげましょう。加速して本線の車との速度差を小さくするからこそ安全な合流ができるので、そこでブレーキを踏む行為は、危険な合流になってしまいます。
路線バスが停留所から発進する時
一般道で見かける、路線バスが停留所から発進しようと右ウインカーを点滅させているのに、後続車が全然譲ろうとしないことがあります。バスは遅いし、排ガスも汚いというイメージがあるから、バスの後ろを走るのは避けたいという気持ちがあるからでしょう。しかし、こういう場合はバスの進路を妨げてはいけないと、道路交通法で定められています。公共交通機関を優先することが大事です。
信号のない横断歩道
信号のない横断歩道で渡ろうとしている歩行者がいても止まる車が少ないと言われています。こういう場合は一時停止し、横断歩道者の通行を妨げてはいけないと、これも道路交通法に定められています。歩行者優先もほとんど守られていないのが実状です。
なぜか人は、車に乗ると先へ先へ急ごうとしてしまいます。そういう自分に気がつき、『自分の心理にブレーキ』をかけ、いつも『何かあったら譲ってあげよう』という気持ち持ち続けることが、安全運転の最も大切なコツと言えるかもしれません。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら