踏切を通過する時になぜか普段の道とは違って緊張してしまう。そんな人はいませんか?ニュースでも線路内で立ち往生なんて事があります。知らず知らずに苦手意識が働いて余計に緊張してしまう人もいるようです。今回は踏切の通過方法について確認してみましょう。


まず、踏切の通過の基本は『止まる』『見る』『聞く』です。
教習所では『聞く』は窓を開けて『見る』の時は顔を左右に振って確認したと思います。
踏切の通過方法

  1. 一時停止し、目と耳で安全確認踏切(停止線がある場合は停止線)の手前で一時停止する。自分の目で列車が近づいてないかを、耳で警報機や列車の音がしないかを、しっかりと確認する。
  2. 渡った先にスペースができてから発進前の車に続いてすぐ発進するのではなく、踏切の向こう側に自分の車が止まれるスペースができたのを確認してから発進。
  3. 低速で一気に通過。歩行者などに注意しつつ、踏切内でのエンストを避けるため、低速でできるだけ一気に通過する。MT車は踏切内ではギアチェンジをせず、低速ギアのまま通過。

緊急時の対処法

  1. 遮断機が下りてしまったら
    踏切を渡り切る前に遮断機が下りて閉じ込められてしまった場合、慌てずにそのまま車を進め、遮断機を押して脱出する。(最近の遮断機は折れずに斜めに上がるものが多い)とにかく、いち早く踏切内から出ることが大切。
  2. 車が動かなくなってしまったら
    エンスト時は慌てずシフトを確認し(AT車はPかN)再始動。故障や脱輪などで車が動けなくなってしまった場合は、まず乗員全員が安全な場所に避難し、非常ボタン(なければ発炎筒や目立つ色の布などを振る)で知らせる。

緊急対処後にすることは?
遮断機を押して脱出したり、非常ボタンを押したときは、点検や解除等が必要なので、必ず鉄道会社に連絡を。(連絡先は踏切に掲示されている)なお、ドライバーの故意・過失で遮断機が破損した場合などは、鉄道会社から損害賠償が請求されることもある。
踏切内でトラブルに遭わないためにも、安全運転の基本を思い出していつも実践するように心がけよう。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら