家族で車を共有しているドライバーで、シート位置を自分の姿勢に変えずに運転している人がいます。しかも、間違った運転姿勢に慣れてしまい、操作にも支障をきたしている人も少なくないそうです。


運転姿勢が悪いとどんな問題が起こる?
正しい姿勢じゃないと、正確で素早い運転操作がしにくい、疲れやすく腰痛になりやすい…などの他にも、死角(見えない部分)が多い、同乗者を酔わせてしまう荒いペダル操作になってしまう、カーブが苦手、といったことも実は運転姿勢の悪さが原因の場合がある。
正しい運転姿勢ポイント

  1. 腰の後ろに隙間を作らない
    フットレストに置いた左足を踏ん張って、斜め上から腰を押し込むように深く座る。腰の位置が安定していると、急ブレーキが力一杯踏めて、微妙なペダル操作もしやすい。
  2. 座面はできるだけ高く
    高さ調節ができる車は是非、これを活用し、自分にとってのベストポジションを探そう。圧迫感を感じない範囲で高めに座るのが基本。座面が高いほど視界がよく、安全運転しやすい。
  3. ペダル操作が確実にできるシート位置に
    ブレーキペダルを踏み込んだとき、足首が伸び切らず若干膝が曲がるくらいの位置にシートを前後させる。アクセルペダルとの踏み替えが自然にできるかもチェック。
  4. ハンドル操作が確実にできる背もたれ角度に
    ハンドルの一番上を持っても背中が背もたれから離れないように、背もたれの角度を合わせる。ここから両手を9時15分の位置まで滑らせると、正しい運転姿勢に。
  5. ヘッドレストの高さ調節も忘れずに
    頭頂部とヘッドレスト上部が同じ高さになるのがベスト。きちんと調節されていないと、ヘッドレスト本来の『追突時のむち打ち被害を軽減する』という役割が果たせない。

正しい運転姿勢の利点を実感するには?
ただ何となく運転するのではなく、ハンドル操作、ペダル操作が滑らかに素早く思いどおりにできるかなどを意識しながら運転すると、利点を実感できるとともに、運転の上達にもつながる。また腰痛を防ぎ、長時間の運転でも疲れにくいという利点もある。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら