カーシェアリングって聞いたことありますか?車をシェアする…つまり車を共同利用すること。一般にレンタカーと同じような利用法を想定する人も多いですが、レンタカーよりは短時間の利用で、会員登録をしている人しかシェアできない仕組みになっています。今回はカーシェアリングについて説明していきます。


カーシェアリングの歴史
現在のようなサービスは1980年代後半にスイスで始まり、欧米を中心に拡大。2005年には世界最大のカーシェアリング事業会社の利用者は63700人にも及んだそうです。日本では1999年に国の外郭団体が実験を開始して、今では札幌、東京、名古屋、大阪、福岡などの全国の民間企業やNPO法人が参入しています。なお利用方法やシステム、料金などは各事業者で異なっています。
貸し出ししている場所
車の貸し出しと返却を行う場所は車両ステーションという所で行われています。民間や公共の普通の駐車場が主な場所。全国に駐車場を展開しているタイムズ24でもカーシェアリングを実施していて、車両ステーションの場所もどんどん増えている。
利用方法

  1. 会員登録してICカードを入手して予約する。
    必要書類などを提出して会員登録をする。利用日時と車両ステーションを決めてインターネットや電話で予約。ネットなら365日24時間対応している。近年は携帯でも予約が可能になっているのでより便利に活用できる。
  2. 車にICカードをかざしてドアロックを解除
    予約した車両ステーションで車に貼られたステッカーにICカードをかざすと、ハザードランプが点滅し、ドアロックが解除される。予約がないと利用できないが、その場で予約することも可能。空いていれば利用できる。
  3. グローブボックスからキーを取り出し使用開始
    グローブボックスの中にあるキーを取り出し運転開始。使用中のドアロックの開閉等はキーを使って行う。
  4. キーを戻し、車にICカードをかざして終了
    出発した車両ステーションに車を戻す。車内モニターには利用時間や走行距離、利用料金が表示される。車を降りてICカードをかざすとドアがロックされて使用終了となる。

カーシェアリングはだいたい15分単位で借りられるので、ちょっとした買い物や用事を済ませたい時などタクシー感覚で利用する人も多いようです。料金は、初めからガソリン代や保険料も含まれているので分かりやすい料金設定になっているのも特徴。
必要な時だけ利用できるカーシェアリングは、駐車場不足やエコ意識でマイカーを手放す人などにとっては便利なシステムと言えます。実際に大規模なマンションや地域住民が集まってカーシェアリングを導入した例も報告されているので今後、もっと普及するかもしれないですね。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら