交通事故のない社会を目指す政府の方針によってさまざまな交通事故対策が講じられています。車両安全対策もその一つです。


車両安全技術とは、衝突時の被害を軽減する『衝突安全技術』と事故を避けるための『予防安全技術』があり、エレクトロニクスなどの最新技術を使った先進安全自動車(ASV)の開発も、H3~官民が一体となって進めています。近年は色々なASV技術が実現し市販車にも搭載されています。
アダプティブ・クルーズコントロール
レーダー波などで前を走る車の存在や速度を検知し、前に車がいなければあらかじめ設定した速度で、前に車がいる場合には、前車と一定の車間距離を保って走るようにするシステム。
レーンキープシステム
小型カメラで白や黄色の車線を認識し、車が車線に近づくと、警告音を出したり、ハンドル修正を促し、車線から逸脱しないように支援する。
AFS(アダプティブ・フロントライティング・システム)
カーブや交差点などでハンドルを切ると、その方向にヘッドライトが向きを変え、進行方向を照らして先を見えやすくする。
暗視カメラ
夜間走行時、ドライバーから見えにくい歩行者の存在を赤外線カメラで認知し、車内のモニター画面などに表示するなどして、ドライバーに注意を促すシステム。
衝突被害軽減ブレーキ
レーダー波やカメラなどで前を走る車などを検知し、衝突の可能性が高いと判断すると、警告音を発し、ドライバーのブレーキ操作を支援したり、自動的にブレーキをかけたりする。同時に、衝突に備えて自動的にシートベルトを巻き上げて乗員の拘束力を高める機能も備えたものが多い。
ESC(エレクトロニック・スタビリティ・コントロール)
横滑り防止装置。車のわずかな横滑りをセンサーが検知し、アクセルやブレーキを自動制御することで、車の挙動を安定させる。
サイドモニター、バックモニター
車の後方や側方の、ドライバーの死角部分をカメラ捉え、車内のモニターに映しだす。
上記にあげた以外にも先進安全技術はありますが、これはあくまでも車が人の運転をサポートしてくれているだけ。よって車にばかり頼るのはちょっと不安です。ドライバーは先進安全技術が進んでも、運転者としての責任感を持ち続けることも大切です。自分の車に付いている安全装備がどのようなものなのか?ということも理解しておきましょう。
それから、車の安全技術が進化しても、一番大切な安全装備は、シートベルトとチャイルドシートということを覚えておいて、必ず実践しましょう。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら