平成22年3月28日の開通を目指して建設が進められいた『大橋ジャンクション』をご存知ですか?少し前にニュースなどでも取り上げられたのでテレビや新聞で目にした人もいるかもしれません。


このジャンクションは東京の渋谷近くで大都市のど真ん中に作られています。形は巨大なローマの「コロッセオ」のようで、正直これが高速道路?と驚く人もいるそうです。
なぜこのような形になったのか?
従来のジャンクションの形だと4倍の土地が必要になるので、それを横にではなく縦に4層重ねてコンパクトにし、排気ガスが外へ出ないようにと壁と屋根で囲ったら、巨大な競技場みたいになったので、敢えてコロッセオ風のデザインにしたそうです。
閉じ込めた排気ガスの行方は?
高い換気塔から遠くへ飛ばしてしまうのか?と思いがちですが、そうではない。それだけでも問題はないのですが、ここではNO2や粉塵を取り除いた上で排出するそうです。実は換気塔から出る空気は、この周辺の道路の空気よりもきれいなんだそうです。
どこがグリーンジャンクションなの?
地元の方々との話し合いで生まれた、ジャンクションの屋上を公園にするという今までの道路にはないアイデアが実現した結果です。換気所屋上には、子供達が水遊びをしていた昔の目黒の原風景も再現するそうです。公園はビルの5~9階の高さに作られ、誰でも入れるようになっているので完成した際(平成24年予定)には是非行ってみたいですね。
渋滞はなくなるの?
このジャンクションができて、中央環状線が延びると、例えば東名から東北道へ抜けるのが18分も短縮されます。中央環状線は迂回路としての機能もあるので、首都高速全体で渋滞解消が期待できます。2013年度には品川まで開通予定ですが、これによりほぼ全線で渋滞がなくなると予想しているそうです。
首都高速が整備されてスムーズになれば、大型車が一般道や生活道路を使わなくなるので自然と交通事故も減ります。中央環状線の場合は山手通りの地下に作りますので、従来の山手通りでは歩道を広げたり緑化を進めたりして環境がよくなるようにするのが目標なんだそうです。
大橋ジャンクションでは地球温暖化防止やヒートアイランド対策などを、「自然再生の緑(換気所屋上)」「街並みの緑(ループ周辺)」「公園の緑(ループ屋上)」という3つの緑を通して積極的に取り組んでいるエコで環境に配慮したグリーンジャンクションなのです。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら