あなたは他の人が運転する車に乗った時に、不快に感じたことはありませんか?これは同乗者が不快かどうか、ドライバーには気づきにくいということも要因としてあります。ですから、自分の運転が実は同乗者を不快にさせていたかも?ちょっと振り返ってみましょう。


『走るとき』

  • 発進時
    信号が青になっても慌てて発進しない。歩行者や前方の駐車車両など、先の交通状況をしっかり確認してからブレーキを離す。一気にブレーキを離すと、発進のたびに同乗者はがくんとショック受ける。そっと離すことでショックを軽減でき、確実にアクセル操作するための余裕もできる。
  • 加速時
    発進からの加速は、クリープ現象で車が動き出してからじわっとアクセルを踏む。周囲の交通状況から目標にする速度域を判断し、さらに踏み込んで素早く加速。強く加速する前に、同乗者にこれから加速することを意識させれば不快に感じない。
  • 巡航時
    無駄な加減速は同乗車が不快に感じるので、一定の速度で走れているか確認する。速度に波ができないように、アクセルを滑らかにコントロールすることが大切。車の動きをぎくしゃくさせないように高いギアで巡航すると燃費にも良い。

『止まるとき』

  • 減速時
    同乗者はいつブレーキをかけるか分からないので、減速時に不快と感じることが多い。そっとブレーキをかけ始め、同乗者に減速を意識させてから踏み込むとよい。早めのタイミングで制動し、角のないブレーキ操作を。
  • 停止時
    止まった瞬間に頭が前後に振られるようなショックも、同乗者は不快に感じる。停止直前にすっとブレーキを緩めるようにするとショックが和らげられる。停止したら、動き出さないよう再度ブレーキを踏み込むこと。

『曲がるとき』
カーブなどで車が急に傾くと不快に感じる。これは曲がるときの速度が高いか、一気にハンドルを切っているから。手前で安全な速度まで減速し、カーブ全体を使って曲がるイメージで、ハンドルを切ってから戻すまで滑らかに操作すること。
『乗る前後』
ドアは勢いよく閉めない。荷室を閉めるときも注意。人が乗っている時は特に優しくかつ確実に閉めるとスマート。またエンジンをかける前に、全席にシートベルト着用を促そう。同乗者が安全=快適と感じられるような運転を心がけよう。
上に述べたことは、代表的な事柄です。これらのポイントを意識して運転することで、安全やエコにも繋がります。また、割り込みされたり渋滞でもイライラしない…そんな心のゆとりも、実は同乗者を不快にさせない大事なポイントのひとつなのです。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら