最近車で出かける時に、子供をチャイルドシートに座らせながら何だか窮屈そうだな~と思いながらもそのままチャイルドシートを使用しているのですが、大人と同様のシートベルトは何時から使えるのでしょうか?今回はチャイルドシートについて調べてみました。


チャイルドシートの着用義務
日本では6歳未満の幼児までチャイルドシートが義務付けられています。着用せずに使用義務違反となった場合は、違反点数が-1になります。しかし、6歳になったと同時にチャイルドシートの装着義務がなくなる訳ではありません。
主なタイプ別チャイルドシート

  • 乳児用―体重10kg~13kg未満、身長70cmまでが目安。
  • 幼児用―体重9kg~18kg、身長65~100cmが目安。
  • 学童用―体重15kg~36kg、身長140cm以下が目安。

製品やメーカーによっても使用条件が異なるので、説明書などを読んで子供の体格に合ったチャイルドシートを選ぶことが大切です。
車のシートベルトは何時頃から?
大人と同様の車のシートベルトを正しく装着できる目安は、身長135cm~140cm以上からです。それ以下だと、ベルトが首にかかるなど、返って危険な状態になることがあります。子供を座らせてみて、シートベルトの腰ベルトが腰骨に、肩ベルトが鎖骨の位置に当たるようになるのが理想といえそうです。
上記のように車のシートベルトがまだ早いようでしたら、車のシートベルトが正しく装着できるようにサポートしてくれる学童用(ジュニア)シートを使うのがいいでしょう。背もたれつきや、お尻の高さを調節して大人用のシートベルトできちんと体を固定出来ているかが重要なチェックポイントとなります。
せっかくのチャイルドシートや、学童用シートですが、間違った着けかたや、体格に合っていないものだと、何の意味も成さなくなってしまうので、子供の安全を守る意味でも正しく装着できるものを使用しましょう。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら