ライトやエアコンのつけっ放しで、バッテリーがあがってしまいました。そんな経験はありませんか?一度あがってしまったバッテリーは充電しても、元の性能に戻らないと思っている人もいます。本当のところはどうなのでしょうか?


バッテリー会社大手の、ユアサバッテリーの方に聞いてみました。
「バッテリーあがり」とは、バッテリー内の電気を多く消費してしまい、エンジンがかからなくなった状態のことを言います。
一度あがってしまったバッテリーの性能は?
状態によりますが、ライトが点灯するぐらいの状態であれば、バッテリーあがりの後、すぐに適正な充電をすれば、ほとんどが前の状態まで戻ります。また、再度あがりやすくなったり、寿命が短くなることもありません。
もしもバッテリーがあがったら?
バッテリーがあがってしまった場合は放置せず、早めに(できれば一日以内)に処置するのがポイント。また充電する際は、急速充電はバッテリーを傷める可能性があるため、普通充電がおすすめです。
ただし元に戻らないケースも
バッテリーがあがったまま長期間放置した場合や、ライトが点灯しない状態まで過放電させた場合、充電では回復しないことがあります。また、もともとバッテリーの状態が悪い場合(寿命期など)は充電できても再度エンジンがかからなくなる可能性があります。
バッテリーの寿命は?
一般的にバッテリーの寿命は2~3年程度と言われています。車の使用状況や、条件などによっても変わってきます。
バッテリーの寿命が近いかな?
エンジンがかかりにくい。(セルの勢いが弱い)
バッテリー液の減りが早い。
アクセルを戻すとライトが暗い。
パワーウインドーの開閉が遅くなる。
3年以上バッテリーの交換をしていない。
1年以上、車を使用していない。
過去にバッテリーあがりの経験が何度かある。
上記のような症状が見られた場合は、なるべく早めに販売店やディーラーなどで点検してもらうようにしましょう。次はエンジンがかからなかった!なんてことにならないように日頃から注意しておきましょう。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら