エコタイヤなどの名称でタイヤメーカー各社が販売する低燃費タイヤは、これまでメーカー間で統一定義がなく比較することが難しかった。


そこで、(社)日本自動車タイヤ協会は転がり抵抗と、ウェット時のグリップ性能をランクづけし、一定のレベルを満たすタイヤのみを低燃費タイヤとして定義づけし、消費者に分かりやすく表示する制度を2010年1月から開始した。これをラベリング制度と読んでいるのです。
対象は、ユーザーが交換用としてタイヤ販売などで購入する、乗用車用の夏タイヤです。
グレーディングシステム
転がり抵抗・・・AAA~Cの5ランク評価
ウエットグリップ性能・・・グレードa~dの4ランク評価
低燃費タイヤ性能の定義は
転がり抵抗・・・9.0以下(AAA~Aの評価を受けたタイヤ)
ウエットグリップ・・・110以上(グレードa~d)
結果は各メーカーのカタログやホームページに分かりやすいラベルの表示が出ているので確認してみよう。
既に、タイヤの評価は始まっており、低燃費タイヤの評価を得たタイヤの販売が始まっています。低燃費タイヤについては今年中に評価が行われ、来年の12月末までにはすべてのタイヤの評価が完了する予定です。
参加している企業は、ブリヂストン、住友ゴム工業、横浜ゴム、東洋ゴム工業、日本ミシュランタイヤが参加して実施しています。
これから、タイヤラベリング制度を目にする機会も増えると思います。
ラベルの見方が分かれば、購入目的でタイヤを選ぶ時、転がり抵抗などのグレードが一目で確認できるので、とても分かりやすいシステムです。せっかくなら、ラベルの表示方法を覚えて、タイヤ選びの参考にしてほしいと思います。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら