自分が自転車に乗って走っている時に、歩行者にぶつかりそうになったり、車と擦れ擦れに追い越されたりした経験はありませんか?知っているようであまり知られていない自転車の安全ルールを検証してみました。


『自転車運転の安全ルール違反』

  • 車道の右側を走る→3ヶ月以下の懲罰、または5万円以下の罰金
  • 歩道を走る(例外もあり)→3ヶ月以下の懲罰、または5万円以下の罰金
  • 歩行者の安全を考えず、歩道内を自由に走る(自転車の通行可の歩道)→2万円以下の罰金、または科料
  • 飲酒運転→5年以下の懲役、または100万円以下の罰金(酒酔い運転の場合)
  • 二人乗り→2万円以下の罰金、または科料
  • 並進→2万円以下の罰金、または科料
  • 夜間の無灯火運転→5万円以下の罰金
  • 信号無視→3ヶ月以下の懲役、または5万円以下の罰金
  • 交差点での一時停止違反→3ヶ月以下の懲役、または5万円以下の罰金
  • 傘を差したり、犬を走らせたりしながらの運転
  • 携帯電話で話したり、メールしながらの運転
  • ヘッドホンやイヤホンで音楽を聴きながらの運転→地域によって多少異なるが、5万円以下の罰金などが科せられるところもある

自転車は車道を走る場合は、車道の左側に沿って走るのが基本。右側通行は逆走になるので止めましょう。またこの右側通行は交差点では特に危険で、左側通行よりも出会い頭の事故率が50倍高いというデータもある。
歩行者や自転車は車を運転するドライバーに比べたら、道路上などの標識を意識して見ている人は少ない。しかし、道路上には歩行者や自転車に対する標識もきちんと設けられている。交通社会の一員として、それらを守る義務があるので、私たち自身が気をつけ、子供たちにもきちんと教えていかなくてはならない。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら