変動するガソリン価格やエコカー減税などの施策によって、燃費への注目度がますます高くなってきましたね。ところで燃費って自分でも測れるって知ってますか?そこで燃費の測り方を詳しく解説してみます。


『満タン法』で計測
最もポピュラーな燃費計測方法です。ガソリンの給油量から計測するので計測誤差があるのが難点ですが、いくつかの注意点に気をつけると、より正確に測ることも可能なので取り組んで見てください。

  1. まず燃料を満タンにする。セルフスタンドなら、同じ給油機で給油し、一度止まったところで止め、注ぎ足さないことがより正確に。
  2. 給油時にはタイヤの空気圧もチェック。空気圧は自然に抜けるので、こまめにチェックしよう。指定空気圧より下回ると燃費が悪化するので覚えておこう。
  3. 満タンにしたら走行距離を測るために、トリップメーターをゼロにするのを忘れずに。ゼロにする方法は取扱説明書などで事前に確認しておこう。
  4. 「いつもよりアクセルを注意して操作」など運転中に意識したことと、どんなところをメインで走ったかを覚えておくとよい。
  5. 燃料計の残量が少なくなったら、再び満タンにする。正確に測るために、いつも決まったガソリンスタンドの決まった給油機で給油する人もいる。
  6. 走行距離と給油量をノートにメモし、『走行距離÷給油量』で燃費を出す。空気圧のチェックや点検の有無、オイル交換なども併せて記録するとよい。


ついでに燃費グラフを作ってみよう。

割り出した燃費をグラフにすると、より変化が分かりやすくなる。「前回アクセルを踏みすぎたから、意識して走った今回は燃費が良くなった」
「高速道路をメインで走ったから随分と燃費が伸びた」など自分の走り方を振り返る意味でも有用と言えます。
燃費を記録する…最初は面倒に感じるかもしれません。しかし、記録し続けると不思議なことに燃費が良くなってきます。最初は面倒でも、慣れれば苦でなくなります。逆に『燃費グラフ』を作って燃費向上が面白く感じるようになったら言うことなしでしょう。
しかし、燃費は気になるけどどうしても、細かいチェックや作業が出来ないという方は後付けできる燃費計測機器も市販されているので、調べてみよう。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら