冬場に大活躍してもらったスタッドレスタイヤ。そのタイヤを見ると少し減っている。来シーズンの冬は買い換えたいけど、その時期が来るまでそのまま秋まで使っても問題ないのだろうか?


・日本自動車タイヤ協会の方に伺ってみました。
スタッドレスタイヤは、積雪や凍結の路面での性能を重視しているため、夏用タイヤとは違う特性があります。
冬のタイヤとしては、溝の深さが新品時の半分まで、夏用タイヤとしては、残りの溝の深さが1.6mm(スリップサイン)が使用限度です。
ただし、スタッドレスタイヤは接地面のゴムが柔らかく、切り込みが多いためゴムブロックの剛性が低くなります。夏用タイヤに比べ乾燥路、ウェット路ではグリップ力が弱く制動距離が延びる傾向にあるので安全運転に心がけなければなりません。
・ではどんな注意が必要なのか?
通常走る時は、夏タイヤと大差なく走れるので忘れてしまいがちですが、特に急ブレーキ時は止まりにくく、カーブで無理をすると滑りやすくなります。
また、氷雪路用のスタッドレスタイヤは、雨の路面も得意のように思いがちですが、実はその逆。
ゴムの摩擦力が弱く、濡れた路面で滑りやすい。溝の形状から水はけも悪いため、溝が浅くなると、特にハイドロプレーニングが起こりやすくなるのです。
また、気温も高くなりますね。
冬用タイヤは気温の低い時でも柔らかいのが特徴です。マイナス0度の時によく効くタイヤも気温30度の時は・・・合成が弱くゴムが柔らかいために夏場はタイヤ本来の特徴が失われてしまいます。
特性を理解したうえで、車間距離を多めにとり、カーブの手前はよりスピードを落とすようにしましょう。雨の日には特に注意が必要です。
確かにタイヤの溝がまだ残っていてもったいない・・そんな気持ちも分かりますが、運転に自信のない方などは特に、きちんとシーズンごとのタイヤに履き替えることをお勧めします。もしも知り合いの方が知らずに乗っていたら安全のためにも教えてあげて下さい。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら