トヨタのエコカーである、プリウスが先日リコール問題で話題になっていますね。欧米などの海外でもその問題は注目われています。ニュースなどでも目にするリコールってそもそもどういう意味を指すのか知っていますか?今回はそんなリコールに注目してみました。


・リコールとは?
自動車におけるリコールとは、設計や製造段階を原因とする不具合が特定の自動車(自動二輪車を含む)および原動機付自転車に発見された場合、道路運送車両法弟63条の3に基づき、メーカーや輸入業者が国土交通大臣へその旨をあらかじめ届け出て、該当する製品を無料で修理する制度のこと。(wikipediaより)
今回トヨタ自動車がリコールを申請したのは、ハイブリット車の新型『プリウス』などのHV車4車種で、計約22万3千台のリコールを届け出た。そのリコールの内容は、ブレーキ制御装置の不具合が原因。
国交省によると、不具合が生じたのは、急ブレーキをかけた時にスリップを防ぐ「アンチロックブレーキシステム(ABS)」の制御装置。コンピュータープログラムの設定が不適切で、ABSの作動中に凍結路面やでこぼこ道を通過すると、空走感を感じたり、一瞬ブレーキが利かなくなったりする恐れがあるという。
該当車種はH21、4/20~H22、2/8に生産された、プリウス、SAI(サイ)レクサス(HS250h)、プリウス プラグインハイブリッドの4車種。
・自分の車がリコール対象車だったら?
テレビや新聞で自分が保有している車がもしリコール対象車だったらどうしますか?
メーカーやディーラーによってはいち早く、ダイレクトメールなどでその旨を知らせてくれる場合が多いです。しかし引越しなどでそういうお知らせが届かない場合は、販売店で確認してもらった方がいいでしょう。安全に走るためには早めに点検や修理してもらう必要があります。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら