今や多くの車種でESC(横滑り防止装置)などの先進安全装備がつけられる時代になりました。以前は高級車のオプションとして限られていたものが、多くの車種で設定も進み選択の幅も広がりを見せています。


そこで、メーカー各社に聞いた今後の安全技術の開発方針をまとめてみました。
・トヨタ
駐車時から走行中、衝突直前、衝突後まで、それぞれの安全装備を独立したバラバラの機能ではなく、お互いに連携させることで高度な安全を提供する考え方『統合安全コンセプト』に則っています。(先進先行技術戦略室)
・日産
リアルワールドで起きている交通事故データを世界中で収集し、発生原因や傾向の分析を行っています。06年は日産が関与した事故1万台あたりの死亡・重傷者数は95年比で34%減少しました。(広報・CSR部)
・ホンダ
特定の傾向に特化するのではなく、事故を未然に防ぐ技術から、追突を予測し事前に備える技術、衝撃を和らげて被害を軽減する技術まで、さまざまな分野で研究開発を行っています。(広報部)
・マツダ
『安全は自動車による心豊かな生活を支える基本である』という認識に立ってマツダの安全ポリシーを揚げ、世界の安全基準よりもさらに高いレベルの安全性能を追求しています。(環境安全企画室)
・三菱
交通事故低減のため、予防安全性能や衝突安全性能などの車両安全性能向上をはじめ、交通安全に関する啓発や安全運転教室の実施などを推進。さまざまな面で交通安全のための活動を行っています。(三菱自動車HP)
・スバル
先進安全技術あるいは、スバルのオリジナリティある、魅力的な車作りに欠かせない要素です。『どのような状況下でも安全でありたい』『あらゆる環境下で安全を最優先する』という安全思想を中心に据えています。(広報部)
・スズキ
スズキの『小さな車』を安心と信頼を持って使っていただきたいと考えています。歩行者、自転車、二輪車、自動車等に関わるすべての人が、安全で便利なモビリティ社会で暮らせるよう技術開発に取り組んでいます。(東京支店広報課)
・ダイハツ
プリクラッシュセーフティシステムや車線逸脱警報機能、SRSニーエアバッグを軽自動車で初めて採用するなど、先進安全技術の採用に積極的に取り組み、高い安全性能の実現を目指しています。(広報部)


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら