車に荷物を積む。何気ない作業ですが引越しシーズンなどで実際に経験した人もいると思います。専門の引越し業者や宅配業者のトラックは信じられないくらい大量の荷物を上手に積んでいるのを見たことありませんか?


普段、自分が使用している車に、多くの荷物を積むときのポイントを挙げてみました。
積み込む順番の基本
適当に目に付いたものから積むのではなく、出来ればこのような順番が望ましいようです。重い荷物を下、軽い荷物を上にするのが基本。ただし、運転時の後方視界を妨げるほど重ねてはいけない。また奥に小さな荷物。手前に大きな荷物がくるように積むと積み下ろしが楽になります。
長い物、大きい物は?
長い物は荷物がいっぱいになってからでは積みにくくなってしまいがちです。こういう場合はまず最初に下の隅の方にまとめて入れるのがいいでしょう。自転車などの大きく場所をとる物は、トラックなら最後に積みますが、マイカーなら最初に入れたい物の代表格です。こうすることで残りのスペースを有効に使えます。また、布団袋などの柔らかい物を下に積むと荷崩れして危険なので、柔らかい物は上に載せるようにしましょう。さらに割れ物が入った箱は、高い所よりも低い所へ。ふたが閉められない植木などは一番上に積みましょう。
安全に運ぶために
荷物を積む前に滑り止めのシートを床に敷いておくと安心です。荷物を積み込んだら、ロープなどで固定し、余った梱包材やふとんなど柔らかい物で荷物と車の隙間を埋めると、安定して運べます。また、荷物を満載した車は、運転にも注意が必要です。ブレーキが利きにくくなったり、カーブを曲がりにくくなったりするので、いつも以上に慎重に、かつ余裕を持って運転することが大事です。
持ち上げる時のポイント
荷物の重さにかかわらず、手と足の力を使って持ち上げましょう。手の力だけで持ち上げようとすると、思わぬ負荷がかかって腰や背中を痛めてしまうことがあります。荷物が体から離れないようにして持ち上げるのも楽に持ち上げるポイントです。
無理は禁物
引越し時などは、トラックをレンタルする人もいるかもしれません。AT車も増えて以前より運転は簡単になりました。それでもトラックにはトラック特有の運転感覚や死角があり、初心者には難しいので無理はしないこと。また大型家具やピアノなどの運搬は力だけでなくノウハウが必要です。不安な場合はプロに任せるのも賢い選択です。
プロの運搬業者はお客様の荷物を預かっているのでミスは許されないですが、私たちが物を運ぶときは、それほど神経質にならずに、荷物運びを楽しんでしまうくらいの、くだけた感覚でやってみるのがいいそうです。
整理した荷物を車に積み込む時は、大きさや重さ、形、丈夫さなど違ったものを、限られた空間の中にいかに隙間なく効率的に積めるか、パズルゲームを楽しむような感覚でやってみると大変さを紛らわすことが出来るかもしれません。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら