冬になると東北や北海道などでは毎年雪が降ります。普段雪に慣れている人には当たり前かもしれませんが、関東や西の方では雪道に慣れていなくて、降り積もった雪の上を革靴などで歩いて転倒するニュースを見たことがあります。


車の運転でも同じなのです。普段と違う雪道を走るには色々な雪道を知ることです。
圧雪
雪が踏み固められた道。いわゆる雪道です。比較的危険度は少ないのですが油断は禁物です。通常の路面よりは滑りやすいので安全な速度で走りましょう。
アイスバーン
冬の時期になると耳にする言葉ですね。氷のように表面が凍った路面のことです。このアイスバーンはとても危険度が高いです。昼間の気温で解かされた雪が夜になって一気に凍るとこの状態になります。絶対に無理な運転はせず慎重な運転が必要です。
ミラーバーン
文字通りミラー(鏡)のようにツルツルになっている路面です。タイヤなどに磨かれることでできます。特に交通量の多い道路や交差点などで見られます。また特に交差点は、発進時にタイヤの空転、停止時のスリップなどが起こる原因になってしまいます。かなり危険度の高い道路状況なのでスピードはゆっくり、ゆっくりが基本です。
ブラックアイスバーン
運転中には濡れたアスファルト路面のように黒く見えます。これは表面に氷が張っているアイスバーンと同様の状態です。路面が黒く見えたら要注意!と覚えておいて、慎重な運転を心がけましょう。特に冷え込む夜間や朝方、日陰など気をつけましょう。
新雪が積もっている
道路も周りも雪で真っ白くなり、道路の境目などが分かりにくい状態になります。こういう日は吹き溜まりに突っ込んでしまったり、スタックしてしまうなどの危険があります。前の車が通った後を目印にしたり、道路脇の目印や標識などを目安に慎重に。
シャーベット
路面に積もった雪が、太陽などの影響で溶けて雪がグチャグチャにシャーベット状になった状態です。他の路面よりも比較的危険度は少ないのですが、シャーベット雪によって、ハンドルが取られることもあります。また、溶けた雪なので水分を多く含み泥はねしやすくなってます。歩行者などには充分に注意を払ってゆっくり走行しましょう。
ベタ雪
降る雪の結晶が大きく水分を多く含んでベタベタとする雪です。積もると路面状況がシャーベット状態になります。運転時にはとても視界が悪くなり、フロントガラスには雪が積もりやすくなります。よってワイパーの効きも悪くなるので、ライトなどを点けたり、安全運転に努めましょう。
一言で雪道と言っても実際は様々な状況を指します。実際運転する際はドライバー本人が気をつけて、事前の情報収集など行って細心の注意を払う必要がありますね。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら