あなたが普段乗っている車の点検はどれくらいの頻度でしていますか?「車検があるから、それ以外はしていない」という方がほとんどかもしれませんね。


しかしガソリンスタンドや無料サービスなどの簡単な点検で、応急処置や修理、交換が必要だった箇所が見つかることが多いのです。
簡易点検サービスでの応急処置、修理が必要だった箇所
1位 タイヤ
2位 バッテリー
3位 オイル類
4位 冷却水
5位 ベルト類
6位 ランプ類
7位 ワイパーゴム類
ロードサービスでの救助要請
「高速道路」
1位 タイヤのパンク
2位 燃料切れ
3位 事故
4位 過放電バッテリー
5位 発電機
「一般道路」
1位 過放電バッテリー
2位 キー閉じ込み
3位 タイヤのパンク
4位 落輪
5位 事故
上記はJAFのロードサービスの救援内容になっています。平成20年度の全国の救援件数は261万2853件という数で、平均するとなんと12秒に1回の割合で、救援活動を行ったことになるそうです。
しかし、これでも前年と比べると4.7%の減少なのだとか。その主な理由はキーレスエントリー車の普及や、台風、豪雨、降雪などの災害による被害が前年より減少したことが考えられる。
先日の大雪で新潟地方ではかなりの要請があったというJAF。大雪のトラブル増加を見込んで、関東地方からも事前に応援を呼んで緊急事態に当たっていたというが、それでも要請の件数が多く、救援の手が回るまでにかなりの時間を要したのです。
これからの季節は雪道や凍結路などを走る準備も大切です。それと同時に普段から自分の車の状態を把握してあげるのもドライバーの基本なのです。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら