『フードマイレージ』という言葉を聞いたことありますか?『フード』とは食べ物。『マイレージ』とは輸送距離。つまりフードマイレージとは、「その食べ物が食卓に到達するまでの距離」ということです。


食べ物の重量と輸送距離を掛け算し「t・km トンキロ」という単位で表します。
日本の食糧自給率は約40%しかなく、多くの食べ物を輸入に頼っているのはご存知ですよね。そしてその食べ物はもちろん遠くから運ばれてきます。日本は約5800万tもの食料を輸入しており、これに国ごとの輸入量と輸送距離を掛けて足し合わせた日本全体のフードマイレージは約9000億t・kmになるそうです。これは米国のフードマイレージの約3倍。ドイツやイギリスの約5倍です。(2001年調べ)
改めて数字でみると、普段口にしている食べ物が多くの輸送エネルギーを使い二酸化炭素を排出していることが分かります。日本のフードマイレージを小さくしていくという事は、日本にとっても地球にとっても非常に重要です。
地産地消を
国産の生産、消費を増やしていけば、輸入するためのエネルギーや二酸化炭素の排出量を減らせます。そして食料自給率も向上します。世界的な食料危機が来ると言われる時代に食べ物を自国で確保できるかどうかは死活問題なのです。国内の食料生産が盛んになれば農村、山村、漁村にも活気が戻ってきて、森や土地の手入れが出来るようになり、国土保全にもつながります。
ひとりひとりのエコライフの意識が高まる今こそ、フードマイレージにも注目して食材を購入するとき、外食する時など考えてみるといいかもしれません。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら