クルマに乗っていると、とても身近に感じる『ガソリン』。知っているようで意外と知らないことが多い『ガソリン』についてまとめてみました。


ガソリンの元となるのは原油ですね。そのままでは不純物が多く安定した燃焼が行えないので、ガソリンや灯油などに精製されます。ガソリンは沸騰する温度が30℃以下ととても低く、揮発性(蒸発しやすい)がとても高いのが特徴です。
『ガソリンの他に原油から作られるもの』
・ナフサ:沸点20~220℃、発火点 約300度
沸点の低いナフサは主にプラスチックなどの合成樹脂や化学繊維の原料として使用されている。
・灯油:沸点145~270℃ 発火点 約220℃
家庭でも広く暖房器具などの燃料として使用されていて、ガソリンに並ぶ身近な石油製品。引火点が40度以上と高いために常温で保存しやすいのが特徴。
・軽油:沸点170~370℃ 発火点 約220℃
主にディーゼルエンジンの燃料として使用され、高温高圧の場合に良く燃え燃焼効率が良いのが特徴。
・重油:沸点300~400℃ 発火点 約250~380℃
原油からガソリンや灯油を分離した残りの石油製品で一般にボイラーや大型船舶の燃料などの工業目的で使われている。
『ガソリンと灯油・軽油の見分け方』
ガソリン、灯油は無職透明。だから間違わないようにガソリンはオレンジ色に着色することがJIS企画と『揮発油税の品質の確保等に関する法律』で決められています。ただし、法律では『オレンジ色』とだけ決められている為、各メーカーの使用している着色剤によりガソリンの色も少しずつ違っています。軽油はもともと無色透明から薄黄色で、グリーン系に着色されているのです。
『ガソリンって腐る?』
ガソリンなどの燃料油は光や保管温度、水分、空気との接触なそによって品質に影響を受けやすいため保管状態によっても異なりますが、一般的には気温変化が少ない冷暗所に十分密閉して保管すれば半年程度は問題なく使用できるとされています。とはいえ、長期保存によって徐々に酸化劣化が進むので早めに使用することをお勧めします。
『石油は一日にどれくらい使われているの?』
プラスチックや合成樹脂なその化成品、飛行機などの燃料なども含めると、日本では年間2億6613万klもの石油が使われています。(2006年時点)
これを単純に1日分に換算すると73万kl。日本の総人口で割ると一人当たりの計算は5.7lもの石油を消費している計算に。いかに沢山の石油製品を使っているかが分かりますね。
『日本でも原油は採れる?』
毎日多くの燃料が使われているのですが、そのほとんどをサウジアラビアやアラブ首長国連邦、イランなどの国々からの輸入に頼っています。日本では北海道、新潟、秋田などで採掘されていますがその量は年間86万klで国内消費量に占める比率はわずか0.3%に留まっています。
いつかは枯渇するとされている石油。近年はあと40年供給できるという見方もありますが未来のためにもとても大切な資源です。もっと大切に大事に使っていかなければならないという意識が必要なのでは?


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら