自動車に乗っていて、できれば遭遇したくない交通事故。しかしそれは絶対にないとは言い切れないのが事実。そのためだけではないがドライバーが加入している自動車保険はもしも…の時にあなたを助けてくれる可能性があります。


そこで今日は、もしもの際に大事な注意点をあげてみました。
『運転者に問われる3つの責任』
・刑事責任
社会のルールを破った人に国家が負わせる懲罰。自動車運転過失致死傷罪、危険運転致死傷罪、道路交通法違反など。
・行政責任
社会のルールを破った人が、行政手続きの中で受けるペナルティ。運転免許の取り消しや停止、減点など。
・民事責任
人の権利や財産、命などを奪ってしまった場合にその損害を元に戻す(原状回復)ために負う責任。損害賠償など
『運転者・車の所有者がしておくべきこと』
・任意保険に加入する
公道を走るすべての車やバイクには「自賠責保険」の加入が義務付けられています。
これは対人賠償のみ補償され、賠償金の最高限度額は1事故1人につき、その相手側の症状や状態により決められています。しかし、最近は高額な損害賠償額が認められる判例も多く、とても自賠責だけでは賄えないのが現状。
その不足分を補ってくれるのが『任意保険』。ドライバーの責任として必ず加入しよう。
『自分の保険内容の最低限チェックポイント』
・対人、対物賠償の最高限度額は?
対人は必ず無制限に。対物も踏切事故などを起こすと膨大な額を請求されることもあるのでこちらも無制限にしておくと安心。
・証券の記載に誤りはないか?
保険期間、記名被保険者(車を主に使用する人)、所有者名、運転免許証の色、補償が受けられる運転者の範囲、車の使用目的、車両の登録番号などに誤りがないか確認。記載ミスがあると補償が受けられなくなることも。
・特約の内容、分かってる?
一時期話題になった保険の未払いは保険会社も加入者も、細分化した特約を把握していなかったことが主原因。契約している特約の中身までチェックしておこう。
自動車保険の自由化によって保険は、自分のライフスタイルや車の使用状況などを考えてどの程度の補償が必要かを、自分自身で選ばなければなりません。分からないことは保険会社に確認して賢く保険を利用したいですね。そしてそれ以前に安全運転への注意も忘れずに。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら