あなたは同乗者を不快にさせない運転ができていますか?これはスマートドライバーには欠かせない条件ですね。車の運転の中で最も大事な減速と停止。きちんと出来ているか改めてチェックしてみましょう。


・目標の場所でしっかり止まろう
目標の場所でしっかり止まれるようになることは、スマートな減速・停止のための第一歩です。減速を始める前に目標を決め、停止するたびに自分が目標とした場所できちんと止まれているかチェックしよう。停止する場所を常にイメージすることで、前車への追突防止になり。また前方の車両感覚も身につくので。車庫入れの時なども役立ちます。
・『カックンブレーキ』はやめよう
「カックンブレーキ」とは、同乗者の頭が、前後に振られるような角のあるブレーキのこと。ドライバー自身は気づかないが、同乗者はいつブレーキ操作するか分からないので不快に感じることが多い。ブレーキ操作の踏み初めと踏み終わり、停止直前は同乗者の気持ちになって、角が出ないようそっとブレーキ操作をすることが大事です。
・スマートなブレーキのコツ
ブレーキをただ踏むだけなら方法はいくらでもあるが、スマートなブレーキ操作をするにはかかとを床につけてペダルを踏む。かかとが支点になるので足が安定し、微妙なブレーキコントロールがしやすい。親指の付け根付近でペダル中心を踏むと丁度いい。
・自己流のクセNG
つま先や土踏まずだけでペダルを操作すると、足が不安定になり微妙なブレーキコントロールがしにくい。そのうえペダルを踏み外しやすく、とっさの急ブレーキも踏みにくくなるのでやめよう。またシートはペダルから離れすぎないように調節しよう。
・急ブレーキは思い切って
危険回避の緊急ブレーキは、スマートドライブを忘れてペダルを思いっきり踏みつける。車は止まる能力を持っているのにそれを使い切れずに事故になるケースが多い。相当強く踏まないと最大制動力を得られないので、危険の時は初期から強く踏めば制動距離は短くなる。
他の人が運転する車に乗った時に、減速時に不快になった経験があるかたは、自分が運転をする際にその不快感をなくす運転を目指せばよいのです。それには急な操作をしないというこがポイントになります。スマートな減速・停止を常に意識してブレーキを踏む練習をしてみましょう。発進した回数だけ停止するので、練習するチャンスはいくらでもありますね。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら