2008年6月の改正道路交通法の施行に伴い、後部座席でのシートベルトの着用率が向上しているそうです。ただし、運転席や助手席に比べるとその差はまだ低い結果となっています。


事故や急ブレーキなどの際、シートベルトを着用しなくてもいい安全な座席はありません。『全ての座席での着用があたりまえ』という意識が必要です。
・一般道におけるシートベルト着用率(H20、10月調べ)
運転者-95.9%
助手席-89.2%
後部座席-30.8%
・高禄道路におけるシートベルト着用率(H20、10月調べ)
運転席-99.9%
助手席-96.4%
後部座席-62.5%
どれも100%とはいきませんが、シートベルト着用率の高さが分かると思います。
後部座席に至っては、前年の2007年調査の際は、一般道は8.8%、高速道では13.5%という低さだったのに対してみれば、着用率の伸びは明らかです。しかし運転席や助手席と同様に着用につながらない理由も分かってきました。
・後席シートベルトを着用しない理由
1、前席と比べると装着しづらい
2、着用すると窮屈、圧迫感がある
3、シートベルトをするのが面倒だから
4、違反店数がつかないから
5、事故からの危険性が低いという認識
6、周りの人がしていない
7、運転者を信用していないように見えて失礼
8、後席のベルトがあることを知らなかった
など普段、後席シートベルトを着用している人が見れば、えっ?と思う理由も含まれていますが、こういうことを感じて着用しない人がいるのも事実です。安全のためにもみんなで着用する努力を広めていきたいものです。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら