夜は暗くて見通しが悪いので運転しにくいものです。このため夜間は、昼間走行するときよりも注意したいポイントがいくつかあります。


・見え方の違い
ハイビームは100m先まで照らすので視認性は良い。ライトはハイビームにするのが基本だが、対向車た先行車を眩惑しそうなときはロービームに。ロービームでは40m先付近から少し見えずらくなる。現実は意外とロービームで走る場面が多いので、反射板の光や人物の動きなどを見落とさないよう注意が必要。
・右側注意
ロービームは、対向車の眩惑を防ぐために、右方向への光が当たる高さを、左方向よりも低く設定している。そのため、左側より視認性が劣る傾向があるので、特に右側からの飛び出しなどに注意。
・フォグランプは霧の時だけ
フロントフォグランプは雨や霧の見にくいときに使うもの。リアフォグランプは霧で後続車が自車を確認できないときに使う。後続車を眩惑し、ブレーキランプが確認しにくくなるのが欠点。
・ライトをきれいに
確実に照らすためにライトの表面は常にきれいにしておこう。また視認性を良くするためにも、フロントガラスだけでなく、すべてのミラー類もきれいにしておこう。
・眩惑されないで
ハイビームや路面の形状により、対向車のライトがかなり眩しいことがある。そんな光を見続けると、視覚の回復に時間がかかる。眩しいときは危険のない範囲で視線をずらそう。
・人によっては見えない
同じ距離に立っている人が、白い服、黒い服を着ていると、運転席からは黒い服を着た人は認識しずらい場合がある。ライトを点けていても色によっては見えづらくなるので、見落としがないように注意。
・点け忘れ注意
最近増えている自発光式のメーターパネルの車は、ライトを点けなくてもパネル内が明るく、ライトを点け忘れてしまうことがある。ライトをきちんと点けているかパネル内の表示灯できちんと確認しよう。
夜間走行ではハイビームが基本ですが、対向車、先行車がいるときはロービームになります。状況によってはロービームで走り続けることを余儀なくされるので、いつも以上に慎重にスピードを走ることが必要と言えます。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら