最近、カーボンオフセットという言葉を目にしたことはありませんか?「カボーン」とは炭素のことで、ここでは温暖化を引き起こすCO2(二酸化炭素)を指します。


「オフセット」とは、相殺すること。
つまり『あなたの出すCO2を相殺します』という意味です。どういうことなのでしょうか?
それは簡単に言うと生活の中で出てしまったCO2を、お金を出して減らしてもらうシステムです。
例えば、私が飛行機などの移動で排出してしまったCO2を減らすために、植林してくれる団体に寄付したり、途上国の自然エネルギーや省エネ設備にお金を出すことで途上国で減らしてもらうというわけです。
お金で減らしたCO2なので、私が減らしたと『みなす』のです。
このようにどうしても自分では減らせないCO2を、お金を出して他で減らしてもらうことを『カーボンオフセット』といいます。日本でもカーボンオフセットを扱う団体が増えています。計算方法や削減の確認などはこれからどんどん整備されていくものと思われます。
・日産、マーチコレットは日本で始めて『カーボンオフセット付き』として販売された自動車です。この車1台につき、日産が1t分(同車が8000km走行した際のCO2排出量に相当)のCO2排出権を、自然エネルギー事業などのCO2削減事業から取得します。
購入者には証書とステッカーが渡される仕組みになっているのです。
しかし、大事なポイントは、まず「自分で出来るだけ減らす」ということです。
そして、どうしても減らせない分をカーボンオフセットすれば、CO2ゼロの暮らしが出来るかもしれません。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら