たまに見てビックリするエンジンルームの汚れ。意外と埃やオイルなどが付着しています。車のボディと同じようにピカピカにしたいという衝動にかられた人もいるかもしれない。


しかし、基本的にエンジンルーム内の部品は防水構造にはなっていないので、水を使って洗うことはお勧めできないそうです。特に、オルタネータ(発電機)などの電装品にとって水は大敵で、故障につながる可能性があるのです。またプラグなどのエンジンの点火部分に水が入ると、放電ミスにつながりエンジンがかからなくなることも考えられます。
専門業者に依頼しても数日後車の調子がおかしくなったという話も聞いたことがあります。専門の方でも難しいので、素人が水圧で埃を落とす!なんて考えは止めたほうがいいでしょう。ましてや、エンジンルームの汚れはほとんど油の付着が考えられるので、水圧ではあまり落ちないのが現状です。
・どうしても綺麗にしたい
そういう場合はカー用品などでエンジンルームを洗浄するクリーナーが売られています。
取り扱い説明書をよく読んで使用するのはもちろんですが、ディーラーなどに事前に相談して使ったほうがよりベストです。
エンジンルームの汚れは、ほとんどが油汚れなので、専用のクリーナーで軽く布拭きするだけでもかなり綺麗になるので、まずはそこから試してみるといいでしょう。
カー用品専門店ではワンコインサービスというメニューにエンジンルームの簡易掃除と艶出しというサービスがあります。エンジンルームのクリーニングではありませんが、水を使わず艶をだして、その後の埃の付着を防いでくれるので、ついでの時などお願いしてみるといいかもしれません。
大切に綺麗に乗りたいという気持ちは分かりますが、思いつきで水でジャブジャブ洗って取り返しがつかなくなった。ということだけは避けたいですね。


どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト!

カーネクストなら廃車、故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取り!各種手続き、レッカー引取も完全無料。全国対応で年中無休で買取り!

各種キャッシュバックキャンペーン実施中!詳細は↑こちら